仙台tabenecoの美味しいブログ

宮城県仙台市のランチを食べ歩くtabeneco。記事アップは不定期です。食べにいって見てね。

天にも昇る庶民派おそばと野菜嫌いも食べられるおいしい病院食

それは、病院へ診察に行った帰りのことでした。
おもいのほか早く診察が終わり、お昼ご飯を求めてさまよっていました。
すると1軒のお蕎麦屋さんが・・・
私はかつ丼セット 890円を注文。

おそばは暖かい揚げ玉の入った花そばです。
うん、温かいです。
庶民的というか、懐かしいというか・・・。

かつ丼のかつは、お肉がうっすいです。


噛みつくところもとお肉がペロンと分離します。
 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工・・・
お肉薄すぎでしょ!!
でも、お蕎麦屋さんですしね。
しょうがないのかな?と思いつつ食べ進めます。
甘くておいしいのですがなんか無理とちょっと残してしまいました。
でも、残りをマミーが食べてくれました。
マミーはいなり寿司セット 790円です。

いなりずしの中には黒ゴマが入っていたそうです。
いなりの皮も普通にスーパーで売っているしょっぱくて甘い味付けのものだそうです。
特別こだわっている感はないけれども庶民的と言ったら庶民的かな?という感じです。


問題はコレを食べた後でした。
30分しないうちにトイレに行きたくなりずーっとウォシュレットをあてているんです。
おかしい・・・
でも、家には帰りたいと落ち着いたところでバスに乗ります。
すると、やっぱりおかしい・・・
お腹が差し込むように痛いんです。
途中のバス停で降りて地下鉄のトイレに駆け込みます。
すると、トイレから一歩も動けないんです。
激しい下痢と吐き気意識が遠のきます。
唇の色が白くなっていき、目の前が白くなって自分が今どんな状況かも考えられない・・
まさに、天にも昇るかと思いました。(死ぬ的な意味で)
そのまま、かかりつけの病院へ駆け込みました。
先生にお会いした時はだいぶ落ち着いていましたけれど、まだお腹は痛い・・・
お腹の音を聴いて先生は「お腹で大事件が起きているわけではないみたいですので」と言うんです。
先生はそう言うけど、さっき天国を見かけた自分としては動けないわけです。
マミーも「家で何かあったら困るので一晩入院させていただけないでしょうか」と言います。
あたいは、まさにマミーの考えに大賛成でした。
これからどうなるかわからない・・・
そして、一晩入院させてもらった給食がこちらです。
こちらは朝食ですね。

ほうれんそうのおひたしとスパニッシュオムレツです。
主食はパンにしていただいております。
病院食って薄味なイメージでしょ?
でも、ここのお食事は違うんです。
ほうれんそうにしっかりお醤油がかかっているんです。
味付けしてあるお野菜は好きなのでモリモリ食べます。
スパニッシュオムレツのなかにあったピーマンが苦かったです。
でも、ケチャップ味なので美味しいです(*´▽`*)
そしてお昼はこちらです。

お魚とカボチャ、ほうれんそうのお浸しと白桃に中華サラダです。
お魚、かぼちゃともにうまーです。
ほうれん草は朝のが余ったのかなと一口食べるとバターの風味がするんです。
バター大好きなので緑色が野菜嫌いなため、えげつない色に見えますが美味しいと食べ進めます。
そして、中華サラダです。
なんか、すっぱくて、ごま油の味がします。
すごく水っぽくてなんか美味しくない・・・
無理だと残してしまいました。すみません。
これにいつものチョコレートです。

あー、幸せだわぁ。
このチョコ、甘くておいしいけど、ちょっと味が薄いんですよね。
でもカカオのあじもしてうんめぇです。
おいしかったです。ごちそうさまでした。


結局次の日の昼には退院できたのですが、一体何だったのでしょうか。
同じおそばを食べたマミーもお腹がイタイと言っていたので「きっとおそばだよね?なにか古いものでも入っていたのかな?」と2人で話していました。


とっても感じのいいおばちゃんがいるお蕎麦屋さんでしたけどね。
こちらがちょっと粗相を起こしても「いいですよ」なんて言ってくれましたし。
でも、かつも薄いし、もう行かないかなぁ。
お店の名誉もあるので名前は伏せておきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。