仙台tabenecoの美味しいブログ

宮城県仙台市のランチを食べ歩くtabeneco。記事アップは不定期です。食べにいって見てね。

家族旅行で名物食べまくり?!福島の大名ソースかつ丼!!午後の部

お昼は「牛乳屋食堂」というラーメン屋さんに行く予定でした。
うちのナビは2010年版と古くて電話番号を入れても場所が出てこない・・・
しかたなく、弟のハイテク機器、iPhoneのsiriに聞いていきました。
しかし、着くと人がすごく並んでいるんです。
しかたない・・・
ここは、お店変更です。
「めでたいや」さんはナビでも出たのできっと古いのでしょう。
到着するとやっぱり並んでいます。
えー、もう2時なんですけど・・・(´・ω・`)
しかたなく、並びます。
そして、ここの名物、中華そばを注文しました。
まず、きたのは餃子です。

羽付き餃子ですよー。

すごーい。パリパリします。
皮は薄すぎず厚すぎず、もちもちです。
もちパリですよ。美味しいです(*´▽`*)
お次は中華そばですよ。
私は塩味です。隣のカレーは弟1のです。

煮干しが効いてます。
出汁がよく出ていて塩加減もちょうどいいです。
麺が普通の中華麺なのにちょっとびっくりしました。
中華そばって麺が細いと思っていたので。
縮れているのでスープがよく絡みます。
すごく、やわらかくてもちっとしていました。
こしはあまりなくて、優しい感じの麺でしたよ。
チャーシューが煮込まれたものでなくて焼いてあるやつでした。
ほどよくこおばしくて、でも、とろとろで美味しかったです。
次はカレーを頼んだ弟1の冷やしラーメンです。

なるとが違うんですね。
冷やしはふつうのかまぼこです。
スープはやはり煮干しでした。
あと、しょうゆですね。
冷たい様のスープなのかさらさらして、ひっかからないのでごくごく飲めそうな感じでしたよ。
お次はマミーの中華そばとソースかつ丼です。

マミーはしょうゆでした。

温かいので少し、濃いめ?な感じもしました。
でも、温かいお茶おようなそんな感じで飲めました。
お次はソースかつ丼です。

「大名の名に恥じぬ大きさ」と銘うって出ているメニューです。
それでは、ハーフで頼んでしまった私たちは「大名」ならぬ、「小名」なんでしょうか。
ソースは甘くて、よくたこ焼きの上にかかっているやつみたいな味でした。
すごく肉厚で美味しかったです。
最後は、弟2の背油多めの中華そばしょうゆです。

油がすごかったです。
そのせいでしょうか。
熱が逃げなくてすっごく熱いんです。(;´・ω・)
でも、油の重量感もあり、あっさりしていて不思議な味でした。
ご飯を食べ終えて白虎隊の墓を見て、汗だらだらになって坂を下っています。
その最中、「べこの乳」なる自販機を発見。
コーヒー牛乳を買って飲みました。

牛乳の味が濃いです。
スーパーのとは比べちゃうと悪い気がするくらい濃いです。
弟2人と私の3人で降りてきたのですが、弟がおごってくれるということでごちそうになろうと思ったら2本買ったとこで売り切れ・・・
弟に少しわけてもらいました。
美味しかったです。
帰りは安達太良サービスエリアで夕食です。
弟1はカツカレー食べてました。
おまい、1日中カレー食ってんな。
弟2はキーマカレーです。

なかにトマトが入っていたそうです。
ほう、キーマしてますね。
サービスエリアのご飯にしてはクオリティが高かったです。
私は肉巻きおにぎり棒です。ちょっと食べ過ぎて夕飯は軽くでいいです(;^ω^)

味は、しょっぱめの醤油味です。
豚肉で巻かれているのですが、中が白米なんです。
味があまり染みていないので普通にお肉とご飯を食べているようでした。
あと、ずっとねらっていました安達太良の名物。
もものパンが買えましたよ-。

中に黄桃とクリームがはいっています。
果物の青臭さがなくて美味しいですよ。
色も形の桃ですよ。カワイイです。
お次は栗のパンです。

なかにマッシュした栗がはいっています。
生地がパイ生地みたくてぱりぱりで美味しいです。
お、中から甘栗1個まるまる出てきました。
これは栗好きにはたまりません。
ほかにもいっぱい買ってきました。

写真はないのですがここのももソフトが絶品です。
かわいいピンク色をしています。
クリームの中からすごく控えめに「こんにちわ」とももが挨拶してきます。
例えるならお上品な家庭の女の子みたいでした。
もものあまみと酸味がクリームにベストマッチです。
あとね、午前中に行った伊佐須美神社のお土産ですよ。
凍み餅とあわまんじゅうです。

凍み餅は揚げる前のおかきみたいでした。
甘くなくて醤油味なので緑茶と合いそうです。
あわまんじゅうはもちもちしてました。
あわって聞くと「草」っていうイメージだったので偏見を持っていたのですが、美味しかったです。
新食感でしたよ。
ありがとうございました。ごちそうさまでした。


ここからまた旅の話です。
お昼ご飯を食べ終えて白虎隊の墓を見に行きました。
道なりに白虎隊伝承史学館なるものがあるんです。
そこのとなりのお土産屋さんの人が「ここは、お土産屋さんの駐車場だから伝承館に行くなら伝承館の駐車場へ止めてください」と車の移動を言ってきます。
そう言われると移動せざるを得ないのですが、隣り合っているんだしダメなら張り紙でも出しておいて欲しかったです。
このおじさんの言葉に感じが悪くてそこのお土産屋さんでお土産を買いたくはありませんでした。
何も知らずに来た観光客にその言い草はないと思いませんか?
白虎隊の墓を見に来たのに、その案内もなくただ、ここの土地に止めて隣に行くなとしか言わないんですよ。
その土地でおまいも白虎隊のお土産売ってるんだろう?
おまいだって白虎隊の恩恵を受けているんだったら観光客に墓の場所を案内したり車を止めるのがダメならどこに停めたらいいのかアナウンスしてくれてもいいんじゃないでしょうか?
なんか、気分が悪かったです。
例の白虎隊伝承史学館の前には展示物5000点展示とあります。
でも、入り口を見ると新選組も書いてある・・・

我々は白虎隊記念館に行こうと思っていたのですが、なんか違う・・・
そんな雰囲気を感じながら入るとやっぱり違うんです。
でも、トイレもお借りしたかったので茶屋のおトイレを借りました。
このトイレ、倉庫の奥にあるので「え、もしかして和式なの?」と思いました。
洋式だったのでよかったのですがね。
となりの坂を上り、本当の記念館の横を通り過ぎて墓までの階段登頂を目指します。
階段が急なうえに結構あるんですよ。
東照宮の時もそうだったのですが、私の足はもう生まれたてのバンビちゃん・・・
プルプルいってるんですよ。
となりにエスカレーターもあったのですが、有料だったんです。
お財布を持っているマミーは、階段は上らないと車でお休み中なんです。
車まで戻るのも大変だったので力を振り絞り登っていきます。
たまに休むと弟たちが私をいたわってくれます。
ありがとう。体力ないねーちゃんでごめんな。
やっとのおもいで到着しました。

体力が残り少ない私は墓には到着したのですが、観光する体力は残っていませんでした。
あ、でっかい鳥がいます。

あっちには自刃した場所があるそうです。
池って書いてありましたが、池はなく、墓地でした。

この兵士が向いた先に鶴ヶ城があるそうですがあいにくの台風で全然見えませんでした。

途中で白虎隊の人形が飾られている神社みたいなのもありました。

帰りには「天高し ピサの斜塔と さざえ堂」いう意味がわからない石碑もありました。

さざえ堂の売りは高さではなかったと思うのですが・・・
観光地にしてはだいぶ不親切だなと思いつつ、鶴ヶ城を目指します。
この時、すでに16時10分です。
閉館時間に間に合うかな?

無理でした(´;ω;`)ウッ…
右下のチケット売り場閉まってます。
でもすごいかっこいいです。
仙台の青葉城は城がないので、鶴ヶ城がすごく恰好よく見えます。
鶴ヶ城の裏です。

鶴ヶ城の表です。
すごい、圧巻でしたよ。

歴史上の人がなんかかっこいいです。
史学館で写真見てきたけど、こんなにかっこよくなかったけどな・・・

なんかイベントやるんですね。
会津の人は地元を盛り上げようという意気込みが素晴らしいですよ。

お城を満喫して帰りのことです。
ご飯を安達太良サービスエリアで食べ終えて順調に車を走らせています。
お腹も一杯だし、運転手も我々も眠いです。
ぼーっとしているとやはりただでは終わらないのが我が家です。
乗り換える道路を間違て北上してしまいました。
一番近いインターでおりるとナビが「市役所通りの左に曲がってください。」と言うんです。
我々の家はどう考えても右。右折なんです。
「ナビは、われわれにまだ市役所を観光していけというんだね。もう、眠いんだけど」と因縁をつけながらナビをガン無視して家路へと急ぎました。
くたくたになりながらついた我が家。
みんなへのお土産を最後にパチリしてっと。

おしまい☆彡



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。