仙台tabenecoの美味しいブログ

宮城県仙台市のランチを食べ歩くtabeneco。記事アップは毎週水曜日午前10時です。食べにいって見てね。



脂がなくてヘルシーでさっぱり食べられるステーキ丼は千年樹花京屋+ブリッコ

このブログは仙台近郊でご飯を食べ歩いているtabenecoが面白おかしく食リポしているグルメブログと動画です。今回はお肉専門店「花京屋」に行ってきました。


最初に御礼申し上げます。
ありがたいことに読者様が40人を突破いたしました。
まさか、こんなにたくさんの方にご覧いただけるなんて・・・
本当にありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


その時の話題は女のブリッコについて。
私はじめ、私の周りにはブリッコはいません。
みんなサバサバ系です。
でもね、ひとたまブリッコが近寄ってくるといつの間にかやつらは私を踏み台にしていくんです。
となりに置いておくブスってやつですよ。
あと、物持ち?
奴らの思考ははかり知れないし、越えようとかギャフンと言わしたるとも思わない。
でも、何とも言いようがない悔しさだけが残るんです。
自分がブリッコをしてみても、ああはなれない・・・
なんならブリッコがとなりにいるだけで自分を女性と認識すらしてもらえない・・・
話の流れで自分の思うブリッコをやってみようとなり、やってみました。
そしたら一言。
「tabenecoさん、下手くそ」
はい、自分でもそう思いました。
くそ!!!!!!!!!
いいネタをありがとうございます!!!!!!!!!!!!
いいんです。
ブリッコよりいいもの見つけたんで↓↓↓↓↓


https://www.msn.com/ja-jp/lifestyle/life/「上品さ」や「余裕」だけでは“色気のある女性”にはなれない/ar-AAx18Xs?li=AA2FEvr&ocid=spartandhp#page=2


でも、これにもなれそうにない・・・


さて、その日にお邪魔したのはこちら。
「千年樹 花京屋」さんです。
お世話になっている人が「ラジオで言ってたのよ。お肉がはみ出てるんだって」と教えてくれたので。


お店の情報はバナーからサイトをご利用ください。

【ゆっくり】仙台まるっと食べ歩き 千年樹 花京屋【tabeneco】
※カレーのコメント間違ってました。前々回ですね。すいません。
お店の壁に大きく看板があります。

入り口が2階ということですがちょっとわかりにくい。
看板は出てるのですが。

あ、メインなんですね。
大きくメニューが貼りだされています。

さて、階段を上がりお店へ向かいます。
お店がね、ちょっとわかりにくい・・・
階段を登り切った奥です。
これ、入り口。

うーん。
雰囲気だけだとちょっと入りずらいよね。
奥まってるし、暗いし。
でも、女性2名が勇気を出し入り口まで行くと、あ・・・。

券売機ですね。
なんか思ってたのと違うw
でも、これはこれで間違いがないからいいと思います。


え、ナニコレ?

あー、よくある早食いってやつですね。
早食いじゃなくて大食いなら弟を参加させてたな。
早く食うというより、沢山食うほうだから・・・バカみたいに。


注文を決めて食券を渡し、席で待ちます。
あ、窓や壁が可愛いです。

天井には多分造花なんでしょうけど緑の葉っぱのツタがあります。

気分的にはマイナスイオンが降り注いでいる気がします。
すごく綺麗なんです。


待ってる間のメニュー探索も楽しみの一つですよね。

へぇ。そうなんですか。
どっちもうまそうなんですけども。
あと、これね。

ディナーのビール。
いろんな国のビールが飲めるそうです。
私、ビールは飲まないからな・・・・
ビール好きな人はいいかもしれませんがね。


さて、そうこう言ってる間に来ました。
2人で同じものを注文。
ステーキ丼 880円

あーきましたね。
ランチだと味噌汁がついてくるそうです。


その味噌汁。

具が、お麩、わかめと海藻です。
温かくておいしいです。
ほっとして癒されますね。


さて、肝心のステーキ丼。

あ、はいはいはい。
ステーキです。
しかもレアの。
なんだろうな。
ローストビーフより厚くて生。
ローストビーフ入っても熱がはいっちゃってるんですよ。
でも、これは生肉。
なので食感もくにょくにょです。
かかってるタレもすっぱ甘いんです。
冷やし中華のタレの甘さを控えてごま油を強めたというか。
食べ終わりに花からごま油が抜けていくんですね。
そこがまた美味しくって。


でも、ちょっとタレが足りない気がする・・・
そんな時はコレ。

そう、カスターセット。
左がタレ、右の白いバケツがワサビです。
ワサビもつけてみたのですが、うまっ。
なんか、寿司になった感じ?
ピリリと効いた辛みがお肉のレア感をひきたたせます。
あ、これはウマい。


そして、火が入ってるところとそうじゃないところも見た目から面白いです。

表面にこげがあるのに中は生なのねw
でも、お肉も赤身ばかりで脂身が全くありません。
食べていて脂でべたついたという感想はないです。
なんか、軽くも感じるのでヘルシーな気もします。
これは女性が喜ぶかもしれません。
っていうか、女性でも食べやすいと思いますよ。


どうしてももうひとつのメニュー豚丼が食べたくて再度来店。
ステーキ丼の時とは違う人と一緒にもう一度行きました。


一緒に来てくれた人はこれを注文。
豚丼 並 680円

来た時、向かいに座っていたんですけど、豚丼がキラキラしてました。
すごく光っていて「めちゃウマソー」とみていました。
こちら、普通盛りです。

いいですね。
焼き具合がちょうどよくって。
豚の薄さも程よいです。
味付けが多分、かつ丼のように味がしみいるタイプの調理法じゃないと思うので薄く味がついている方が絶対良い。


そして、私の。
豚丼 中盛り 820円 ご飯の大盛り無料

( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━
お肉が中盛りです。
めくってもめくってもお肉ですよ。
味はすっごい甘めです。
食欲をそそる甘い味。
お肉と言ったら甘いタレですよね。
厚みもちょうどよいんですよ。
お肉の繊維があるところと脂身のところが程よくのっています。
どっちを食べてもすごく豚。
少し噛み応えもあってすごく美味しいです。
生姜焼きよりも上品な感じというか。


見てください、コレ。

この溢れんばかりの豚丼。
声をかけるなら「この豚野郎!!!」ですね。
間違いない。
普通盛りと比べてこのボリューム。
ありえんですよ。


帰り際に、店員さんに「うちのふくろうです。」と言われてガン見。

「生きてるんですか?」と聞くと「いえ、生きてはないです。」と。
そっかぁ。そうだよね。
でも、ふくろうってあんまし動かないから生きてるかと思ったわ。


およ?

おー。
ちいさなラッキー、ちいさなハッピーですか。
うん。ふくろうって服を招く縁起物って言うしね。
どれ、ではパチリ。

ちいさなラッキー、ちいさなハッピーがきますように♪
ふくろうくん、よろしく頼むよ!!!


ステーキ丼も美味しかったし、ふくろうの写真撮ったし、余は満足じゃ♪


ありがとうございました。ごちそうさまでした。
日常のブログです。



普段からこういうことして生活してます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。